高用量ピルは毒性になる可能性もある

頭痛の女性医学の進化はピルでも例外ではなく、薬である以上副作用が全くないとは言えません。最近は体への変化を最小限にするように配合や働きを考えており、慣れるまでの最初に数か月間に頭痛やむくみ、吐き気、めまいが起こることがあります。
この症状は個人差が大きく、あまり感じない方もいれば感じてしまう方もいます。しかし、体の反応なので、慣れればやがて消えていきます。また、ひと昔のピルの主流でもあった高用量の場合の副作用はもっと強く、ある意味毒性を持っているくらい強いものでした。成分が体になじみにくいものであり、さらに配合量も多かったため、いきなり体内環境が全く違うものになるので体の反応も急激なものでつらい症状が出てしまいました。そのため、避妊には効果はありますが、それ以上に倦怠感や頭痛、むくみや吐き気が前面にでてしまい、健康的に使えるにはリスクもありました。今でも高用量のピルはあり、深刻な婦人病なの限定的な場合に処方されて、避妊や生理不順や生理痛の改善など一般的な場合には毒性に体が慣れてしまわないように、中用量や低用量がメインとなって処方されています。
こちらにタイプはだんだんと成分量を増やしていったり、必要最小限で効果を発揮できるように開発されているので、効果はしっかりですが体への負担は少なくなっています。副作用も限定的になっていますので、より多くの女性に使いやすく安心感を与えるようになっています。一言でピルと言ってもいろいろなタイプがありますし、時代とともに変化していきますので、医師によく相談して自分の生活や体質に合わせたものを選ぶようにすればリスクなく快適に使うことができます。