避妊薬で避妊できる確率は?

100%確実に避妊の効果を得たいという場合、避妊薬「ピル」の服用がおすすめです。日本では避妊といえば、コンドームが主流となっています。薬を服用する必要が無い為、コンドームは手軽な避妊方法と言えるでしょう。
しかし、コンドームの避妊率は約8割程度にとどまります。なぜ、8割という数字になってしまうのかというと、コンドームはつけるタイミングを間違えたり、少しでも破損している場合、避妊の効果が大幅に薄れてしまうからです。コンドームは避妊目的というよりは、性感染症を予防する為に使いましょう。
一方、ピルはというとほぼ100%の確率で避妊の効果を得られます。今、妊娠は希望しないというのであれば、ピルを活用する方がおすすめです。また、ピルは女性が積極的に行える避妊法です。コンドームのように男性任せにならないので、より安心と言えるでしょう。しかし、100%の避妊効果を得る為には、正しくピルを服用する事が大切です。間違った飲み方をしてしまうと、妊娠率がグンと上がってしまうのです。
ピルは毎日、服用する事によって避妊の効果を得られる薬です。女性は卵胞ホルモンと黄体ホルモンという、2種類の女性ホルモンが分泌されています。これら2種類の女性ホルモンバランスが変化する事によって、排卵したり生理が始まるという仕組みです。ピルには卵胞ホルモン・黄体ホルモンと同じ作用をする、人工ホルモン剤が含まれています。服用する事によって体内の女性ホルモン量を一定にし、排卵をストップする事によって避妊の効果を得るのです。
毎日、服用しないと女性ホルモンバランスが変わってしまい、排卵を起こしてしまうケースがあります。排卵してしまうと、ピルによる避妊の効果は得られません。ですので、ピルで避妊する際は、毎日飲み続けるという事が基本です。