低用量ピルの特徴と太るという噂の真相

体重計に乗る女性低用量ピルとは、経口避妊薬のことで、妊娠を望まない女性が、自分の意思で妊娠を防ぐことができる方法で、正しく服用すれば、ほぼ100パーセント妊娠を防ぐことができます。
低用量ピルには、エストロゲンとプロゲステロンという2つの女性ホルモンと同様の成分が配合され、ピルを服用することで、体内でエストロゲンとプロゲステロンが分泌されている状態となり、妊娠したときと同じホルモンバランスになるため、脳が妊娠していると勘違いして、排卵を起こすことがなくなり、妊娠を阻止することができます。また、受精卵の着床を防いだりする働きもするため、正しく服用すれば、コンドームなどよりも確実に避妊効果を得ることができます。また、低用量ピルは、避妊薬としてだけではなく、生理不順や生理痛、月経前症候群、子宮内膜症、子宮ガンなどのリスクを減らす作用もあり、婦人科で処方されることの多い薬でもあります。
海外では一般的な薬となっている低用量ピルですが、日本では、避妊薬としてのピルはまだそれほど一般的ではなく、偏見を持っている人も少なくありません。
よく、ピルを飲むと太るといわれますが、実際はピルを飲んで太るというわけではなく、人によって、ピルを服用すると食欲がわいて気づかないうちに普段よりも食事の量が増えてしまい、太ってしまったというケースがあるということです。ピルを服用すると、体内に水分を蓄積しやすくなるため、むくみを起こしやすいといわれています。これは、ピルに含まれているエストロゲンが、体内のナトリウム貯留を増やす作用があり、水分をため込もうとする特徴があり、そのためむくみやすくなります。このように、ピルには、メリットだけではなく副作用もありますから、医師の診察をうけて処方してもらうことをおすすめします。