ピルを飲んでいても避妊具を使用する

パートナーピルを飲んでいれば、避妊具を利用する必要はないのではと思う人もいるかも知れませんがそれは間違いです。避妊具の役割としてはもちろん避妊が挙げられますが、それだけでなく性病を予防する効果もありますから性病に感染をしないためにも避妊具を使用することが大事なことになるのです。
その人としか性行為をすることがないという信頼できるパートナーであれば不要だといえますが、少しでも信用できない相手とする場合、あるいは完全に不特定多数の相手と性行為をする場合には避妊具の装着は欠かすことができません。ピルというのは妊娠を防いでくれるものではありますが、性病を防ぐ効果はありませんからピルを飲んでいるからと行って避妊具もなしに性行為をしていればすぐに性病に感染をしてしまうことになります。
性病に感染をしてしまえば、妊娠をしたい時に妊娠をすることができなくなってしまったり、あるいは命に関わる病気になってしまうこともあり、エイズのように未だに完治することのない病気もあるので避妊具を使用するのは非常に重要なこととなるのです。また、ピルというのは非常に高い避妊効果を持っていますがそれでも確実というわけではありません。正しく服用している内は完璧に近い効果を得られますが、人間というのはミスがありますから飲み忘れてしまったり避妊効果が現れる時期を間違っていたということもありますから、ピルを飲んでいるにも関わらず避妊をしていない状態で性行為をしてしまうという可能性もないわけではありません。そのようなときに避妊具を使用していれば二重に避妊をすることができるわけですから、より完璧な避妊が出来望まぬ妊娠を避けることができるのです。